バガン遺跡

朝4時チェックアウト

そして出発。

 

実はヤンゴンに着いてすぐなんだけど今夜、夜行バスに乗ってバガンに行くのです。

バガンにあるバガン遺跡

ボルブドゥール(インドネシア)
アンコールワット(カンボジア)

と並んで世界三大仏教遺跡の一つで今回のターゲット。
(実はミャンマーに来るまで知らなかった。笑)

 

 

今回は5泊6日だけだからバタバタしたくなくて
ずっとヤンゴンにいてゆっくりしようかとも思ったんだけど。

 

ネットで調べた時に

 

バガンは行って正解

だけど2日でじゅうぶん

 

という様な内容が書いてあったのでこりゃさらっと行くしかないわけです。

 

ヤンゴン⇨バガン

ヤンゴンからバガンは夜行バスで行くんだけど

バスにも種類があって、800円くらいのもあったんだけど
さすがに10時間くらい移動するというので俺はVIPバスを選択^^

エアコンやトイレはもちろん、リクライニングシートで3列シート。

 

3列と4列の差はでかいのさ、意外と。

 

いいすぎだけどエコノミーとビジネスの違いだと思って奮発なのです。

 

ちなみに値段は24ドル。

 

快適さが優先のバックパッカーです。

 

 

 

「3日後に帰ってくる」

と伝えスーツケースはホステルに置かせてもらい出発。

 

そして

 

なぜ夜行バスなのに朝一に出発してるのか?

というと

その前にもう一箇所寄りたい場所があるのです。

 

ゴールデンロック(正式名称チャイティーヨー・パゴダ)

テレビでみたことあって気になってたから結構ハードだけど行くことにしました。

 

バスに乗り6時間(汗)

あれこれ省略して到着なのです。

 

チパコプターが行くゴールデンロック

やっぱ雨季に来るもんじゃないねw

 

 

途中、同じバスに、どうみても日本人には見えない日本人がいて

偶然にも同い年だったからその後仲良くなりました。

 

 

じゃん。

チパコプターがいくゴールデンロック

あいにくの天気だったけどこの日もいいバランスを保ってたゴールデンロックでした。

地震とかあっても落ちないのすごいよなぁ

落ちたら大事故になるんだろうなぁ。

 

ゴールデンロック(チャイティーヨー・パゴダ)のドローン事情

そしてドローン。

現地の人に聞いてみたら

「できるわけないでしょ?」

ってな感じで一蹴でした。

 

絶対ここ旋回したらカッコイイのに。

下からゆっくりあげたらかっこいいのに。

真俯瞰にしてアップからゆっくり上昇したらかっこいいのに。

 

結果、ゴールデンロックではドローン禁止でした。

 

敬虔な仏教徒の国であるミャンマーでは

 

「神聖な場所で飛ばすなんて考えられへん。」

ってことなんだと思う。

 

他の土地の様に

事故でも起こして世界遺産を傷つける可能性があるからNG

ってパターンとはちょっと違う様に感じた。

 

 

ということであっさりゴールデンロック観光終了。

 

観光するところが他にないし

俺としてはどちらにしてもドローン飛ばせなけりゃなんのドキドキもない。

 

やることと言えばこんな写真撮るくらい

 

俺も一応やっときました。

 

ということでまた、ミャンマーまで6時間のバスなのです。汗

他にも仲良くなった人いたから一緒にワイワイやりながら。

 

そしてまたヤンゴンのバスターミナルに戻り今度は

21:00出発のバスの準備。汗

 

このあと10時間なので食事です。

屋台好きな俺は例のごとく現地の人に混ざって現地飯

 

 

ここでわたるくんとはバイバイでバスに乗車。

 

ちなみにバスはいつも日本製

今回はこれでした。笑

 

バスに乗ってからはというと例の如く

ヤンゴン編のブログで書いたポイントを抑えた宿探し。

 

そして候補は3つ。

ただ、空き部屋に余裕があったので即決せずに保留。

 

現地でみてから決めてもいいし、

以前にブログでも書いたんだけど

 

BOOKING.COMを通さないで予約するとそのマージン分値段交渉に応じてくれたりもする。

 

ということで爆睡準備。

 

と思ったら毛布をかぶったあたりでバスがストップ。

23:00くらいかな?

 

なんだ?

 

と思ったら食事休憩だそうです。

 

さっきたらふく食ったばかりなんだけど。

まぁいっか。

 

外に出てみる。

 

と、そこには信じられないくらいの虫の大群が舞っているご飯屋さん。笑

 

俺はおなかも減っていなかったし思いっきりパスなんだけど。

 

ここでフランス人のカップルと仲良くなり、

他にもう一人アメリカからの旅人とも仲良くなったので一緒に同席することに。

 

俺は何にも注文しないのもあれだからとりあえずビールを注文。

 

3人は

 

「とりえあず肉はやめようぜ。野菜だけにしよう。

それとよく炒めてあるものか、揚げ物にしよう」

といっていてチャーハンみたいなのを頼んでいた。

 

意外と美味そうだったけど。

 

バスに戻ったあとは爆睡で、起きたらバガンについてました。

 

 

 

さて早朝のバスターミナル。

おりたら大量のタクシーの客引き合戦。

 

地図で町までの距離をみてみたら5キロ弱。

値段は10000チャット(約800円)とのこと。

 

 

おいおいボッタクリすぎじゃないか?

車で5分だぞ。

 

 

けど歩くにしてはキツイ。

よくできてる。

 

「じゃ、4割で2500ずつでいこ~ぜ」

ということで結局出発。

 

フランス人カップルが予約してる宿が俺がチェックしてたところだったから

 

そこがいい感じだったらそのまま泊まっちゃお

 

と思って行ってみたんだけど。

なんかピンとこなかった。

そしてアメリカ人の方のホステルは論外。

 

 

さて。どうしよう?

 

 

とりあえず3人には連絡先だけ交換して離れることに。

 

ちなみにこの地域は

 

Nyaung-U(ニャウンウー)

 

と言うエリアでメインの遺跡群からは少し離れている分物価が安め。

 

このバガンの地域は大きく3つに分かれていて

OLD BAGAN

NEW BAGAN

Nyaung-U

となっている。

 

 

メインの場所はOLD BAGANなんだけど

この地域はほぼ宿泊施設はなく、あってもバカ高い。

 

 

ということで俺はNEW BAGANを目指すことに。

「プラス10000(800円)だよ」

と運転手。

 

 

おいおいやりすぎだろ。

と思ったんだけど

実際Nyaung-UからNEW BAGANは20分くらいの距離。

 

 

「バスターミナルからここより遠いんだぞ」

とのこと。

 

もう考えててもしょうがない。

選択肢がなさすぎるし。

 

ということで若干の交渉後+8000(640円)でまとまった。

 

そしてアメリカ人が+500チャットをカンパしてくれたから

俺はトータル10000チャット(800円)となった。

 

 

もう一つの目星をつけていたところに行くことに。

 

ちなみにホテル名は

ホテル テンプル ビュー バガン(Hotel Temple View Bagan)

 

到着してみたら名前通りそのままテンプルビューである。

 

例の如く屋上がいい感じなのでここから飛ばせばほとんどの場所まで飛ばせる。

 

早朝だって言うのにそのままチェックインさせてくれて荷物を下ろすこともできる。

 

完全に宿決定です。

 

そしてもちろん俺はそのままドローンを持って屋上まで駆け上がる。

 

いつも何に追われてるか分からないけれど、毎回焦ってしまう。笑

 

 

そして思いっきり飛ばしたんだけど。

何の障害物もなく高い建物もなくて広大な大地。

そしてところどころにある遺跡群。

 

ドラクエの世界みたいに迷い込んだかのよう。

 

今回はただただまっすぐ飛ばしてみた。

なんだか編集をやるようになってから変にこだわった撮り方ばかりしてて

自己満足に陥ってたから今回は素直にただまっすぐ撮ることにした。

 

こんな広大な平べったい場所。

小手先のテクニックなんて使わなくていいね。

今、BGMを考えてるんだけど決まったらのんびりした映像を作ろうと思ってます。

追記:作りましたので下の方に貼り付けてあります。

 

 

さて、朝トレはこの辺にして笑

空から先にみちゃったけど街を一周してみることにします。

 

ここバガンでは

タクシーを貸し切りにして観光するか

もしくは

バイクを借りるか?

なんだけど。

 

そんなのもちろんレンタルバイクだよね笑

 

そしてここではE-BIKEと呼ばれる電気バイクが主流。

 

さっそくホテルで値段を聞いてみると。

 

一日で8000チャット(約650円)

だって。

 

最安値ではないだろうけど別にこんなんでいいの、もう。笑

 

借りた時に一緒にMAPをもらえたので片っ端から回ることに決定。

そして行ってきました!!

まず一か所目。

ちなみに俺はこのブログでは観光ガイドみたいに一個ずつ名前書かないけど

これは自分で行った時に自分で調べながらみた方がいいと思う。

ところで。

 

ミャンマーには腰に巻くロンジーという布があって

それを巻いてる人がほとんど。

正装なんだと思う。

俺もヤンゴンではいたやつ👇

 

地元の人もお祈りしながらそれを巻いてる人がほとんどだから

俺も思わず買ってみました。

この子たちが可愛すぎて値段交渉する気も起きず速攻で購入。笑

 

 

 

 

この後はMAPはほぼみずに広大な土地をE-bikeで進む。

 

気になったところで止まりパゴダ(仏塔)をみる。

 

の〜んびりとした時間の中での〜んびりと過ごす。

 

久々のこの感じ。たまらん♡

 

チパコプターinバガン7

 

 

 

チパコプターinバガン8

 

チパコプターinバガン9

 

チパコプターinバガン10

チパコプターinバガン11

チパコプターinバガン12

 

さて、昼ごはん。

Bagan Nan Myint Towerへ。

ここはエントランス料ちょっと高いんだけど

上のレストランで10ドル以上使えばエントランス無料とのこと。

 

行ってみたら絶景でした。

じゃん。

チパコプターinバガン13

チパコプターinバガン14

 

ビールとおすすめ料理頼んで至福のひととき。

 

これぞアラフォーバックパッカーなのです。笑

 

 

その後は少し疲れたのでホテルに帰って仮眠。

 

サンセットの時間に合わせて起きポイントまでE-BIKEでかっ飛ばす。

 

そんな爆走中、突然、声をかけられる。

 

「どこ行くの?」

 

 

振り返ったら可愛い女の子。

 

並走しながら雑談開始。

 

「で、あなたはどこに行くの?」

 

「サンセットをみに行くんだ」

「一番のポイントまで連れてってあげるわ」

「いや、友達と待ち合わせなんだ、ごめん」

実はヤンゴンのホステルで仲良くなったベルギー人とここで合流する予定。

ヤンゴンブログで登場したドローン使いのベルギー人

 

 

 

 

それなのにずっとついてくる彼女。

 

「なんていうところなの?」

「俺も名前は分からないんだけど地図で現在地だけ送られてきたんだ」

 

と、俺はその地図に従い進む。

 

で、目的地のすぐそばまで来た時

 

「あそこじゃない?

あそこは立ち入り禁止よ」

 

と本当か嘘か分からないけどそういうことらしい。

 

 

もういっか。この子について行ってみよう。

と流れに身を任せてみることに。

 

 

 

そのパゴダ、ぱっと見、どこから入るのか分からないんだけど

その子が秘密の入り口みたいなの案内してくれて無事に上に登ることができて

そこはちょうどサンセットの側に仏塔が向いている。

 

さすが。

 

と思ったら

 

何故か他の場所で待ち合わせしてたはずのベルギー人がそこに。笑

 

そしてなぜかさっきのフランス人カップル&アメリカ人もいる。笑

 

みんな適当だねw

 

 

ネットで探すとサンセットポイントはBULETHIばかり書いてあるんだけど

最近の修復でそこは立ち入り禁止になってる様子。

 

そもそも地元の人からするとここがサンセットが一番綺麗に見える場所みたいで

この日もそこそこな人数がいた。

 

 

MAPS MEで検索するとその名も

GOOD FOR SUNSET(笑)

 

そしてここから飛ばして来ました。

 

 

 

それがこの動画の冒頭。

 

バガンのドローン事情

ドローンについては地元の人に聞いたんだけど

場所によってはダメだったりするらしい。

多分大きい有名な観光名所はダメなんだと思われる。

 

ちなみにルールがしっかり定まってないから

「警察によっていうことが違うから安心しないこと。」

だそうです。

 

このくらい無名なところからだったら大丈夫ぽいし

有名な仏塔から他にマビック飛ばしてる人がいた。

 

この辺りは自己判断で。

 

 

 

さて、この後からベルギー人とフランス人カップルとの行動が始まり

この日も限界までのんだくれ。

 

次の日からはバガンにいる間ずっと一緒でした。

チパコプターinバガン1

チパコプターinバガン2

チパコプターinバガン3

チパコプターinバガン4

 

 

マーケットも行ってみた

チパコプターinバガン5

 

チパコプターinバガン6

 

これだけナイスな旅人も珍しい。

 

で、話してみたらそのフランス人カップル。

「この旅の間、もう1人日本人と会ったわ」

と言っていて。

 

その後FB交換して知ったんだけど

ウユニで会ったあさみちゃんだった。(アルゼンチンで一緒に行動)

フランス人カップルはタイだったかシンガポールで会ったみたい。

世の中狭い。

 

いや。

広い世界で生きてるのに繋がり方がすごい。

 

面白いね。

 

バガン、久しぶりに(?)すっごい充実でした。

大好きな国リストに追加です♡

 

 

👆スパゲッティが面白いw

 

 

 

さて。

 

これで終わらないのがいい意味でも悪い意味でもチパコプター。

 

ヤンゴン行きのバスが21時だったので

20時半にはバスターミナルに着いておこうかなぁ

と思いつつも

 

チパコプターバガンでゲーム中

 

WHO AM I?

というゲームをしていたら若干遅刻気味で笑

 

「そろそろ行くぜ〜」

と出発しホテルに着いたのが20時半前。

 

ここから10分くらいターミナルまでかかるから20:40くらいに着くんだけど

一応不安だったからホテルのフロントから電話をしてもらった。

 

「20:40くらいに着く予定だけどタクシーまだ来てないから

もしかしたら21時くらいに着いちゃうかもしれないです」

と。

 

 

そしたらバスの回答。

 

「もう出発しました。」

 

 

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

 

フザケンナヨw

 

 

 

ホテル

「とりあえず出発しちゃったみたいなのでどこかで待ってるそうです。

そこまでタクシーで行きましょう」

 

 

もう、しょうがないけど。

なんでだよw

 

俺、別に遅刻してないし、30分前行動してるんだけど

”万が一的なこと”があるといやだから日本人的な行動をとって事前に連絡したんだぞ

 

 

なんで出発してんだよw

 

 

タクシーの運ちゃんとバスのドライバーが携帯でやり取りしながら進む。

 

10分くらいしたらバスターミナルが見えて来た。

 

この時点で20:40くらい。

 

なぜ時間前にも関わらず横目に見ながら進まなくちゃいけないのかわからないけど。

 

延々と進むタクシー。

 

結局30分くらい走ったところでものすごいガタガタ道に入り

 

「っていうかどこで待ってるの?」

って聞いてみたら

 

「俺もよく分からないんだけどバスが進んでるみたいなんだ」

 

 

 

☝︎これ久しぶりに使ったw

 

 

 

 

 

ここから謎の「タクシーとバスの競争」が始まったわけです。笑

 

 

結局トータル1時間くらいかな?

 

タクシーを進めた結果、道端に止まってるバスを発見し乗り込むことに。

 

 

こんな事情、1から説明出来ないからあれだけど。

 

一応、乗客待たせたわけだから

「SORRY」

と言いながら自分の席につく。

 

 

 

全員からの冷ややかな視線。

 

そして真隣からの超攻撃的な目線をくらい

 

ごめんね〜

と言いながらもいまいち納得いかない俺。

 

 

 

一体俺が何したっていうんだよw

 

けどまぁ、このまま眠ってればヤンゴン着くか。

 

 

なんて思いながら目を瞑る。

 

 

。。。

 

 

。。。

 

 

っていうかやっぱり納得いかない。

 

俺1%も悪くないのになんでこんな思いしなきゃいけないんだ?

っていうか隣の奴の攻撃的な目はなんだ?

こんな空気であと10時間近く生きてられないよ。

 

ということでスイッチオン。

 

 

「おい、てめぇさっきから何睨んでんだよ?

元気なのか?

元気があればなんでもできる。

1、2、3、ダー✊」

 

とかやったら大人しくなった隣人さん。

 

これで俺も睡眠体勢に入れるわけです。

 

 

 

と少し眠りにつき始めた頃、食事休憩。

 

トイレに行ってみると、そこにはゴールデンロックで会った日本人が。

実はバガンの中でサンライズの時にも偶然同じ仏塔にいて会っちゃって

まさかのここでも会ってしまった。

 

「もう付き合いますか?運命すぎる」

と冗談を言ってくれたこの方に

 

「っていうか聞いてくださいよ〜」

と今までの出来事を1から聞いてもらいながらコーラをがぶ飲みし

やっと落ち着いた頃にもう置いていかれたくないので

誰より早くバスに乗り込む。笑

 

 

本当に今思い出しても大変だったなw

 

 

ということで無事(?)バガンの旅終了です。

 

色々あったけどバガンは素敵な場所でした。w

 

改めてこれみてね♡

 

 

 

 

 

 

 

動画を高画質で視聴する方法

CHIPACOPTER WORLD TOUR ではハイクオリティーの動画で絶景をご覧いただけます!
以下の方法で設定できますので、ぜひ4Kでお楽しみください。

歯車のアイコンをクリック

 

画質をクリック

 

一番上をクリック!

 


 
 
 
ブログ村にも参加中(^^)/
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村