ミコノス島

ザキントス島から

バイクで港

フェリーでキリニ

5時間バス

 

でアテネについたのはもう夜。

 

最安値の宿泊先に泊まり

仮眠をとり

睡眠不足のまま起きる。

 

 

ミコノス島に行くのです。

 

 

そんな寝起きからふと思う。

 

「ヤベェ宿とってねぇ。。。汗」

 

昨日寝る前に軽くみておいたものの

最安値で

 

10000円以上/一泊

 

 

そんなとこ泊まるくらいだったらミコノスなんて行かない。

 

ということでなんとなく思いついた

初めてのairbnbのサイトにいき

色々探してみると5000円のところを発見。

 

もう他に選択肢がないのでここに決定。

 

色々入力フォームを埋めて行くんだけど。

身分証の認証があって、

朝一だから電気をつけるわけに行かず

パスポートの写真がうまく認証されない。。。涙

 

キッチンにいき電気をつけてやってみるも

今度は光が反射してうまくされず。

 

やっと認証されたので今度は宿の予約を入れてみると

カードの認証がうまく行かない。。

 

何度押しても有効期限を入れると赤い文字になってエラーになってしまう。

 

カードを変えても一緒。

こんなんで無駄な時間がかかってる場合じゃない。

 

一日一本の朝一のフェリーに乗らなくてはいけない。

 

結局アプリからではなくてブラウザから行くと認証でき

慌てて予約を済ませる。

 

そして電車を乗り継ぎピレウス港に到着。

一年ぶりのすでに懐かしいピレウス港。

けど感慨に浸ってる場合じゃない。

 

この時、朝6時50分。

 

チケット売り場に行ってみるとものすごい長い列。

 

適当な列に並んで順番を待ってみたんだけど

俺の番の一つ前に老婦人。

 

結果

この老婦人が10分以上かかっても終わらず。

 

列を変えようにも他の長い列に並び直す勇気もなく

黙って待ってたんだけどこれが結果失敗。

 

結局15分経った段階で他の列にいき

「ミコノス行きを一枚」

と頼んだところ

 

「ミコノス行きのチケットはあっちだ」

と反対側に行くように言われてしまう。

 

 

おいおい。

同じ会社で船は並んでるんだから

チケットはどこでも一緒だろう。。。

 

だけど結局そこでは買えず、別の売り場に行くように再度言われてしまう。

 

時間がない。

 

そこからダッシュで反対側まで行ってみるとそこにはさっきより長い列が。

 

残り15分で船は出てしまう。

大丈夫なのか?

 

 

そのうち、その列の人たちのほぼ全員が騒ぎ出し

・割り込みをしようとする人

・「ちゃんと並べよ」
みたいなことで口論が始まる人

・ただあたふたしてる人

でめちゃくちゃな状態に。

 

そして7:30。

フェリーの入口が閉まり出す。

 

終わったか?

 

 

と思った時職員がやってきて

 

 

「船に乗る奴はこっちにこい」

的な感じで誘導し始めた。

 

 

そしてみんなでぞろぞろ行ってみると

今度は船の中でチケットを買うように言われる。

 

無賃乗船できないようにパスポートを取られ

今度は船の中で並び始めることに。

 

 

またまたとんでもない人の数。

 

 

結局そこに30分くらい並んでやっとチケットを買い
パスポートをゲットしほっと一息。

 

 

とはならず。。。

 

 

座れる席を探すものの船は満杯で席はない。

 

 

どっかから椅子を持ってきてその辺に席を作ってる人。

図々しくその辺に寝っ転がりアイマスクをして爆睡体制に入ってる人

などで目茶苦茶な状態。

 

 

甲板にいってみるも同じ状態で、どこも座れない。

 

 

そもそも一昨日、ザキントスの船がストライキで動けず

昨日どうにか乗れたものの

朝一からスクーターかっ飛ばしてザキントスの港。

そこで返却する予定だったのにレンタバイク屋は時間通りにこず

待ちぼうけ食らったこと。

船降りてからバスまでの時間潰しで硬い椅子に座って待っていて

その後バスに揺られやっとアテネについたんだけど

ほぼ睡眠不足のチパコプター。

 

そのまま今日起きて

このブログの冒頭のような、ドタバタ劇をやった後なのだ。

 

マジで疲れ切っている。

 

そして結局パイプ椅子で荷物置き場に席を作り座ったものの

ケツは痛すぎるし船内は寒すぎるしで寝られず。

 

そんな船に5時間いてやっとついたのが13時ごろのこと。

 

ところで、船で1人の日本人とあった。

NY在住の方なんだけど

彼は同じミコノス島行きで少し話したんだけれど

 

 

「ミコノス、宿が高いですよね〜」

と話したところ

「20ドルくらいで昨日ありましたよ!」

といっていた。

 

 

え?

 

俺はそれが見つからないから謎にエアビーなんかに泊まることになったんですけど。

 

聞いてみたら

ホステルワールド

で探したという。

 

マジか。

 

実は最近よく聞くホステルワールド。

 

以前までは

ホステルワールドに出てるホステルは

ブッキングドットコムでもカバーしてたから

 

必要ないじゃん

 

と思ってたんだけど。

 

最近、メキメキとホステルワールドが頑張っている。

 

一回も使ったことない俺は完全にその存在を忘れていた。

 

 

いや。

普段だったら思いついたはず。

 

だけどあまりにも疲れ切っていて思考回路が死んでいる様子。

 

はぁ、選択肢がない中よくわからない宿に一泊50ドルで2泊も払ってしまった。涙

 

 

そしてこのホステル、バスで港まで迎えまできていた。

 

 

はぁやっちまった。

宿探しだけは結構いつも最善でいってた俺なのに。

今回ばかりは完全にやらかしてしまったようだ。

 

 

そんな時、俺の宿の場所を確認しようと思ったら

なぜかiphoneが繋がらない。

完全にネットに繋がらないのだ。

 

 

そんなわけはない。

こういうのはいやだから一昨日ネットでチャージしたところなのだ。

 

ちなみにこれはルーマニアで買ったsimで

ヨーロッパ全体で使える奴なんだけど。

残高不足になったみたいだから、あれこれ調べて

ルーマニア語も翻訳し、やっと6ユーロ分チャージしたばっかなのだ。

 

それなのに。

もう残高不足になっている。

 

 

おそらくなんだけど。

チャージしたのはルーマニアで使えるぶんで

それを海外で使用したから一瞬でなくなったんだと思われる。

 

 

もう、死にたい。

 

 

エアビーはスーパー使い勝手が悪く

宿の住所にうまくリンクされていないので

住所もわからず。

 

とりあえず大体の場所を運転手に告げると

 

「このバスだよ」

と言われたのでそのバスに黙って乗ってると

しばらくしたら降ろされ

 

「ここで乗り換えだよ」

などと言われ。

 

そのバスに乗ろうと思うと

 

「別料金だよ」

と言われる。

 

じゃあさっきの無駄なバスの値段はなんだったんだよ?

 

今度はチケット売り場で並んでみると

 

「今、目の前で離れていったバスがそのバスだよ」

と言われ

 

「また30分後」

と言われたので街を歩くことに。

 

まず、このネットがない状況は宿のホストとも連絡が取れないから

シムを買いに行くことに。

 

そして35ユーロというスーパーぼったくりsimを買わされ。

やっとネットをゲットなのです。

 

宿の主人に連絡をとりやっと場所がわかったところで

急激にお腹が減ってい事に気づき

レストランに入るも20ユーロくらいするのですぐお店を出て

結局スーパーに。

 

 

フェリーで寒すぎたからデニムを履いてたんだけど

そのせいで汗だくだった俺は

最近飲んでなかったのにビールを買ってしまい一気。

 

一緒に控えていたはずのタバコも吸ってしまい自己嫌悪に陥る路上。

 

周りの景色は今までテレビや雑誌やネットでみた事あった

真っ白な素敵な街並みなんだけど。

もうそんなのどうでもいい。

感動すらしない。

 

 

安いサンドウイッチをかいビール片手に道端で流し込み

またバスチケット売り場にいってみると

 

「2分前に出たわよ」

だって。

 

 

もうなんでもこい

 

 

とりあえずチケットをかい、目の前で待ってみるも30分たってもこない。

 

売り場のねーちゃんに聞いてみると

 

「今、出たわよ、なんで乗らなかったの?」

と。

いや、そんなはずはない

一刻も早く乗りたかったから全てのバスに目をこらしていた。

 

 

そんな事を説明したら

 

「バスじゃないわよ。ミニバンよ」

 

。。。

 

 

「おいおい、それならそうと早くいってくれないとわからないよ。

そもそも2時間待ってるんだぜ」

 

 

「いったわよ。」

 

 

。。。

 

 

もうどうでもいいよ。。。

 

 

 

という事で結局やっとこさ乗ったんだけどさ。

 

 

 

 

まだ、終わらない。

 

 

 

「そのバスの途中で降りるんだよ」

ってホストに言われてたんだけど。

 

 

結局そのバスは直通のバスで一切途中では止まらず終点のビーチまでいってしまった。

 

 

おいおいこれでいいのか?

ここからいけるのか?

 

 

地図上だとちょっと宿から離れてるけど。

 

 

ホストに連絡してみたら

 

 

「なんで途中で降りなかったんだ?」

「いや、止まらなかったぜ?」

「運転手に言わないと止まらないよ」

「いや、いったんだけどそんなの知らないって言われてここまで連れて来られたぜ」

 

 

。。。

 

 

そして色々あった挙句、宿の主人がここまで迎えに来てくれて

やっとこさ宿にチェックインしたのが17時くらい。

 

 

色々観光しようかと思ったんだけど

もうそんな元気もない。

 

 

「とりあえず休むよ。元気ない。」

 

といってそこから泥のように眠り3時に起きて今このブログ書いてるんだけど。

 

 

もうめげそうです。

 

 

 

と。そんな時、LINEをチェックしてみると

 

まさかのアニキからのメッセージが。

 

全然違う件だったんだけど

 

今LINE電話しました。

 

 

「そんな時は動くなってことだよ。

うまいもんでも食ってのんびりしろよ。

それとなんか体調悪そうだな」

 

少し風邪気味な俺の声。

そして日本での最近の出来事を色々教えてもらう

 

 

「少しゆっくりしなよ。

それと日本でも色々あるぜ!

もしかしたら帰ってこいってことなんじゃないか?

わっはっは」

 

と、アニキ。笑

 

 

なんか少し元気でました。笑

 

 

そんな深夜4時。

明日はいいことありますように。

 

 

 

 

アニキ、ありがとう♡

ブログ村にも参加中(^^)/
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村