コロンビアのドローン事情

ココラバレー

ドローン禁止

鷹(?)などの保護が名目で禁止です。

 

 

トチェシト

まったく問題なし

 

 

メデジン

空港以外問題なし

 

 

Jardin Botanico/ハルディンボタニコ

管理人さんに

「飛ばしちゃダメよ♡」

って言われました。

 

管理人いるところは厳しめ

 

 

ボゴタ

基本NG

俺は連行されかけました。

 

 

カルタヘナ

基本問題なし

しかし空港周辺に気をつけて。

また、要塞とかでは禁止。

 

 

 

 

コロンビアのドローンの規制事情〜法の建前と運用〜

とっても分かりづらいコロンビアのドローン事情
下記は今年の頭に書いた記事から転用なんだけど
法律は変わってないので再度分かりやすく書き直しました。

まずは法律の建前からw

25kg以上のドローンNG(通常関係なし)

②金属プロペラ禁止(なんじゃそりゃ?w)

③無人機は、無人機を飛行するのではなく、必要に応じてパイロットを助けるために、自動操縦を持たなければなりません。(?)

④GPS付きであること(問題なし)

⑤余分な騒音や外乱はダメよ!(基準は?w)

⑥はっきりと見えるように着色しなければなりません。(うっそ〜ん!w)

⑦ドローンに名前と連絡先の情報を貼っておくこと。(うっそ〜ん)

⑦混雑した地域や人々の群れを越えて飛行することはできません(世界共通)

⑧悪天候のときは飛行できません(こちらこそ遠慮します)

⑨空港から5km(2.7マイル)以内に飛行することはできません。

または、制限された空域内で飛行することはできません

⑩オペレーターから500フィート(152メートル)以上、または1460フィート(500メートル)を超える飛行をすることはできません。

⑪Aeronautica Civilの許可を受けた機関でプライベートパイロットクラスを受講する必要があります。(?)

⑫第三者への損害をカバーする保険が必要です。

⑬各飛行の前と最中に、最寄りの空港管理塔との連絡を確立する必要があります。

⑭飛行予定日の少なくとも15営業日前に航空局に飛行計画を提出する必要があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よくある系のルールだけど。

「実際これを守ってる人がいるのか?」

っていうパターンのやつ。

 

空港のそばで飛ばしてはいけない。

目視の範囲内。

夜間はだめ。

保険入る。

とかはわかるんだけど、13と14。

空港管理者に連絡をするの?

飛行計画を提出するの?

 

 

実際のところ海外では

法律がほとんどまだ確立していなくて現地の警察が勝手にいうパターン

もしくは

ほとんど機能していない様な適当な法律があるパターン

のどっちか。

コロンビアに関してはおそらく後者だと思います!!

 

 

 

 

みなさん、チパコプターの様にルールは守ってね♡笑

 

 

 

 

メデジンのドローン事情〜チパコプター解釈Ver~

さて、法律はこの辺にして(?)実際のところ。

これはメデジンにDJIの正規の代理店があってそこの店員さんに聞いたことだけど。

 

メデジンでは空港以外、飛行禁止場所はない

 

とのことでした。

 

以上。笑

 

ただ、実際飛ばしてみたところ、

管理人がいる様な施設では、その施設からの許可証が必要です。

 

 

 

 

 

実際のところ、ドローンについて整理すると

①世界共通ルールは守る。

②施設ではその場所の管理人にきく。

ってとこでしょうか?

 

完全に俺の解釈なのであまり参考にしないでください。

そしてもし飛ばす方は自己責任でお願いしますね!!

 

 

 

 

追記していきます〜^^