日本は以前まで3ヶ月以内の観光にはビザが不要だったニュージーランド。

 

ビザ免除国になっている日本も

 

2019年10月1日から

 

3ヶ月以の内観光でも

 

「ETA(電子渡航認証)」

 

必須になりました。

 

オーストラリアやカナダも既に導入されてます。

 

 

 

また同時に

 

「IVL(観光税)」

 

 

徴収されるようになっちゃいました~

 

 

 

 

 

おいおいおいおいおい。

俺が10月4日に行くの分かっててやってるだろ〜が!!!!!!笑

 

 

これだったら9月30日に行ったのにwww

 

 

 

 

 

ということで。

これからニュージーランドの観光を計画している人のために

ETAの取得について書いていきたいと思います。

参考にしてみてください(^_-)

 

 

 

ETAの取得方法

 

取得方法は2つ

 

アプリ

オンライン

から取得ができます。

 

申請にかかる時間は5~10分程

※取得に最大72時間かかる場合がある

みたいなので余裕を持って手続きしましょう

 

 

有効期間はアメリカのETASと同じ

2年間

 

取得にかかる料金は

アプリ=9NZドル

オンライン=12NZドル

 

この時にIVL(観光税)35NZドルも徴収されるので、

合計

アプリ=44NZドル

オンライン=47NZドル

 

必要になります。

 

 

下記からアプリをダウンロードできます。

App Storeの方はコチラ

Google Playの方はコチラ

オンラインはコチラ

 

 

 

申請手順(アプリ)

 

iPhoneでアプリからの申請の流れを写真付きで載せておきます!

(英文はGoogle翻訳で翻訳したものです。)

 

①パスポートの写真を撮るので、パスポートを用意。

 

 

②図のように顔写真があるページの写真を撮る。

iPhoneの場合、このページに行く前に写真へのアクセスを求められるので、

許可してください。

 

 

③カメラで顔写真を撮る。

2枚目の画像の丸枠の中に自分の顔を写すと自動で写真が撮られます。

心の準備ができる前に撮られますが、やり直しできるのでご安心を(笑)

 

 

④9つの質問に答える

1.ニュージーランドに滞在しますか?

滞在→Yes

乗り継ぎ→No

2.オーストラリアの永住者ですか?

3.有罪判決を受けたことがありますか?

4.過去に国外追放され、ニュージーランドに入国することを禁止されていますか?

5.他の国(ニュージーランドではない)から国外追放、移住、または排除されたことはありますか?

6.診察や治療のためにニュージーランドに行きますか?

7.どこで生まれましたか?

8.Eメールアドレスの入力

9.同意してクレジットカード情報の入力

あとは決済を完了して手続き終えてETAの取得ができれば完了です!

 

 

ETAが必要な人

 

①ニュージーランドを観光する人

②トランジットする人

(クルーズ船に乗っている場合も同様)

 

ニュージーランドが

ただの経由地だとしても

 

取得が必要

 

です。

 

 

 

ETAが不要な人

 

①NZ国籍の人

②NZ永住権を持っている人

③有効なビザを取得している人

(ワークビザ、留学ビザ等)

④オーストラリア国籍の人

 

 

 

 

まとめ

 

以上の内容をまとめると

 

①観光・経由地としてニュージーランドに入国する人はETAの取得が必須

 

②取得はアプリかオンライン

 

③費用は44~47NZドル

 

④取得に最大72時間かかる場合がある

 

⑤有効期間は2年間

 

です!!

 

ニュージーランドを観光する予定の人

 

ニュージーランドが経由する予定の人

 

は早めに取得しておきましょう!

 

 

それではまた(^^)/