ドローンってどこで飛ばしたらいいの?

ドローン×ネコ×チパコプター

ドローンを買ったはいいけど家の近所は飛ばしていいのか分からない。

練習したいけどどこで飛ばしたらいいのか分からない。

 

 

私、チパコプターの愛機、マビック様を引き継いでくれた「ともこさん」と

インスタのストーリーの質問機能でも数名からこんな質問がきたので

ちょっと今日はブログに書いてみようと思います!!

ちぱこぷたー☆インスタグラム https://www.instagram.com/chipacopter/

ピースボートの旅で記念すべき一回目のドローン飛行

 

確かにね~。

最近、テレビでも無許可での撮影で逮捕者まで出てるから心配になるのも当然。

俺が買ったばかりの頃は「飛行許可」がそもそも存在してなかったから

街中で思いっきり飛ばしたりもしてたんだけど。

最近買った人は、どうスタートしていいのか分からないよね?

 

なので今日は

 

「ドローンってどこで飛ばしたらいいの?」

をテーマに記事書いてみようと思います。

※航空法について

 

国交省のサイトにもでてるんだけど

これがルールなので順番に説明していきます。

 

 

 

 

 

ドローンを飛ばす際に確認する3つのポイント

まずドローンを飛ばすにあたって「場所については」次の2点がポイントです。
(書き間違いじゃないです、2点です)

 

 

 

①空港周辺区域じゃないか?

 

 

以前のブログでも書いてるから若干引用するんだけど。

 

飛行機が飛ぶ所でドローン飛ばしたら危ないからダメだよ!

 

っていうこと。

万が一、億が一にも怖すぎるもんね。

 

だから空港周辺では禁止されているし、それ以外でも高さの制限が設けられたりしている。

 

 

で、この空港周辺区域はどうやって調べるのか?というと

国土地理院のサイトをみればでてきます。

 

 

 

さて、ここで空港周辺(緑の区域)に入ってなければ、空港周辺区域には入ってないです。

 

入ってたとしても諦めるのはまだ早い。

 

全面飛行禁止になってなかった場合、単に高度制限が設けられている場合もある。

 

 

こんなときに調べるのはこれ。

東京国際空港高さ制限回答システム

 

 

ここで詳しい住所を入力して詳細表示すると
自動的に回答してくれる。

 

 

前回のブログを書いた時のを参考にしてみると

 

川崎区は高度制限82メートルなわけ。

この時は、高度82メートル以上飛ばないように設定すれば、

高度に関しては間違えても違法になることはないのです。

 

 

空港周辺区域で飛行させたい場合

仕事なんかの依頼でどうしても飛行させたい場合も出てきます。

そんな時は空港事務所に電話して許可をとります。

(通常は国土交通省の許可)

 

 

 

 

②人口集中地区ではないか?

 

東京や大阪などの都市部など人が集中してる場所では

もしなにかトラブルがあった場合、人に当たる危険性も高いので

ドローンの飛行は禁止されています。

※許可については記事後半

 

なのでドローンを飛ばす際には人口集中地区になっていないかを確認する必要があります。

 

 

人口集中地区の確認方法

 

さきほどの地理院を開き

 

↑よく読んでOKを押し

↓左上の情報を押します。

 

そして下にスクロールして「他機関の情報」をクリック↓

 

 

 

そうすると人口集中地区平成27年が出てくるのでそこをクリック

 

 

そうするとこの様に地図が出てきます。

 

この赤い部分が人口集中地区です。

 

 

人口集中地区ではドローンの飛行はできません。

 

 

なので、飛行する場合はこの赤い部分じゃないところで飛行しなくてはいけません。

 

ドローンを飛ばす場合の場所についての↓2つのポイント↓

 

①空港周辺じゃないこと

を確認して

②人口集中地区ではないこと

を確認しなくてはいけないのです。

 

 

さて、ここで、①と②をクリアして

さて飛ばそう

と思ってももう一つルールがあるのです。

 

 

③地上または水上から150メートル以上の上空じゃないか?

 

ザキントス 絶景

 

これは場所ではなくて高さの問題なんだけど

どんな場所でも150メートル以上の上空で飛ばすことを禁止されています。

※飛ばす場合は別途許可が必要。

 

 

初心者の方はそこまで飛ばさないと思うのでw

気にしなくてもいいと思うのですが。

私、チパコプターは500メートルくらいまでぶち上げるので必ず許可が必要になるわけです。

↓500メートル

「ドローンってどこで飛ばしたらいいの?」

なのでこの上記3つのポイントを確認しドローンを飛ばさなくてはいけません。

 

 

 

 

ドローンの許可について

どうしても飛ばしたい場所が空港周辺だった場合、

空港事務所

に問い合わせて許可をとることを書きましたが。

 

人口集中地区や高度150メートル以上の空域でも「許可をとれば」飛ばすことが出来ます。

 

許可については国土交通省の航空局で取得します。

 

繰り返しますけど

150メートルOR人口集中地区

の場合は国交省で許可を取得しましょうね♪

 

また、上記2つの許可以外でも

・夜間飛行

・目視外飛行

・30メートルの距離の確保

・危険物の輸送

・物件の投下

・イベント会場などでの飛行(屋外)

上記6つについては

承認

が必要になります。

 

もうこの辺になると訳分からないよね?笑

 

 

(ちょっと迷ったんだけど)もし詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

 

チパコプター行政書士事務所(笑)ウェブサイト

 

本名思いっきり出てるしwここで書くのは本当は嫌なんだけど。笑

書くの面倒臭いのでリンク貼っときます。

初めてかな?笑 素性を思いっきり書くのはw

 

電話するとたまに俺が出るので

いたずら電話はしないでください(笑)

 

 

脱線したけど。

許可が必要な場合は3つのポイント

承認が必要な場合は6つのポイント

があるわけです。

 

 

これから飛ばそうと思ってる方は法順守してトラぶらないように気をつけてくださいね。

 

また、これから許可を取得する場合、

1年間有効で、日本全国有効、3つの許可&5つの承認を包括して申請して飛行許可を取得することが出来ます。

※イベントは別途承認が必要。
(大阪城ホールやT-BOLANライブの中野サンプラザでの撮影は屋内だったので承認は不要でした。)

 

なので飛ばす方はこの包括許可をとることをお勧めします。

 

頑張ればご自身でも申請することが出来ると思うので、私の事務所のウェブサイトを参考にしてやってみてください。

もし出来なさそう、面倒臭いという方は依頼くださいな♪笑

 

 

 

 

施設管理者からの許可

 

飛行許可を取得したとしても、例えば公園などで飛ばす場合は

その公園の管理者からの別途許可が必要です。

飛行許可を持っていることはスタートラインに立った、にすぎないので

施設で撮影する場合などは、許可証を持っていることを伝えたうえで別途交渉してみてください。

 

それとドローンの飛行で逮捕者が出てるような日は必ず何かがある日です。

こないだの8人くらいの逮捕の日はトランプ大統領が来日してる時でした。

 

こんな時はすべての許可を取得していても、結局職務質問されたりしますので

飛行しないことを個人的にオススメします。

 

 

 

最後に。

 

で、結局どこで飛ばせばいいのよ?

って方。

 

海行きましょう。笑

 

 

DJI社のドローンを持っている方がほとんどだと思いますが

ドローンはとても優秀です。

 

墜落して水没なんてやろうと思ってもそうそうできるものでもありません。

 

低空飛行なんかしないである程度高度上げちゃえば

水面に引っ掛かる事もないですし障害物もありません。

 

まずは思いっきり海や湖で練習するのが一番いいと思いますよ♡

 

 

注意:山は難しいです。

 

 

また、他にも質問なんかあったら、LINE@でも構わないし

インスタのメッセージでもいいのでいつでも気楽に聞いて下さいね♪

 

 

ちぱこぷたー☆インスタグラム https://www.instagram.com/chipacopter/

 

ちぱこぷたー☆LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40bvk3702t

 

 

 

ちなみにアイキャッチ画像は俺がまだ変装して飛ばしてる頃の写真w

この時はのび太君w