ボラボラ島

 

青い海に水上コテージ。

お花で作られた首飾りをぶら下げ

ハネムーンで素敵な時間を過ごす。

 

 

タヒチと聞いてまずこんな想像するのはここボラボラ島のことだと思う。

 

 

初めは航空券の値段だけみて、行くのを断念してたんだけど

例の「マルチパス」のおかげで結局行くことに決めた。

 

72カ国目タヒチに来ました【モーレア行きフェリーの裏技あり】

 

ちなみにスカイスキャナーで探した時は

パペーテからボラボラ島の往復で40000円くらいだった。

 

違う国にいける値段だよね。

 

 

確かにハネムーンかなんかじゃないとわざわざボラボラ島なんかに行かないだろうな。

もしくはドローン中毒者くらい。。。

 

 

 

 

 

ボラボラ島

 

「完全に観光地化されてて全然面白くない。

 海も特に綺麗でもない。」

 

 

こんな事前情報を聞いていたから

正直あんまりテンションが上がらないまま到着したボラボラ島。

 

 

『タヒチ』のドローン映像の中に【ボラボラ島】がないとなんか締まらないから

「しょうがなく」という感じで到着したんだけどついた瞬間びっくりした。

 

 

飛行機から降りた瞬間、目の前に真っ青の海があったのだ。

 

 

飛行機降りた瞬間、思わず写真撮影してしまったのはこのボラボラ島だけだったとあとで気付いた。笑

 

 

空港があるのは北の離島みたいなところで

有名ホテルとかの宿泊施設がある場所はそこからフェリーで20分くらい南に行った場所にある。

 

 

これっていいよね。

 

街中に空港作るんじゃなくて

離島を空港専門の島にしちゃうのって素晴らしい。

 

 

 

 

さすが、ボラボラ

 

 

 

テンション上がったままフェリーに乗ろうと思ったら

 

「お前が乗るのは10分後にくるやつさ」

 

と断られてしまった。

 

 

 

船着き場に先に到着してるのは有名ホテルの専用のボートで

そういうお金持ちを先に送ったあと、無料のフェリーがくる仕組みになってる様子。

 

 

うん。こういう差別(区別)嫌いじゃない。

こういう風に徹底してる方が「お金の使い甲斐」があるってもんだ。

 

嫌いじゃない。

嫌いじゃないけどさ。

 

 

何で俺がその高級ホテルに泊まらないって決めつけるのさ。

 

ま、確かに泊まらないんだけどさ。

 

 

 

 

そんな無料フェリーに揺られボラボラ島の本島(?)についたらそこには

事前に頼んでおいた宿のピックアップがきていた。

 

ちなみに俺が泊まったところは

 

TEAVAHERE LODGE

 

 

「ボラボラ島で安宿」

 

を探すとキャンプ的なテントな場所

ドミトリーっぽいところが出てくるんだけど

それは全部一人の優しいおばちゃんが経営している。

 

 

俺はその中で、テントを避けてドミトリーの部屋を予約した。

 

 

そしたらなぜか、個室を用意されダブルベッドにしてくれていたのだ。

 

値段はドミトリーと同じ3500円。

 

おそらく他に部屋がなかったからだろうけど

ボラボラ島で個室でこの値段は奇跡に近い。

 

ちなみに場所的にも

 

Matira Point

 

から歩いていける場所でボラボラではベストに近い。

 

 

 

到着してから宿に向かうまでの間、

車の窓から見える景色があまりにも「青く」てテンションは上がりっ放し。

 

 

そしてその後、一日スクーターをレンタルして島を一周したんだけれど

とにかく絶景の宝庫だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中でお店を発見しちゃって思わずパレオを買ってしまった。

タヒチアンぽく映像を撮りたかったからなんだけど

多分、この辺りも【ボラボラマジック】だったのだろう。笑

 

 

 

↓パレオの巻き方を教えてもらってるところ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chiharu Horie(@chiharu_japan)がシェアした投稿

 

街を一周したら素晴らしい景色がありすぎて撮影ばっかりしていた。

 

もちろんドローンでも撮りまくったんだけど

 

この写真なんかは一番綺麗なあたり。

 

 

落ちないようにプルプルしながらこんなヤシの木にまたがったりもしてみた。

タヒチのドローン事情

 

想像してみてほしい。

 

夢の場所タヒチのハネムーンスポット『ボラボラ島』で

一人で片手にドローンのリモコン持ちながらドローンを飛ばし

ジリジリとこの木をよじ登っていく真っ黒のアジア人を。

 

そして何が楽しいのかずっと撮影している。

 

 

そんな俺の様子をみて地元の人も笑っていた。

 

 

みてろよ。いつかハネムーンで帰ってきてやるんだ。

 

 

 

 

 

 

ボラボラ島のドローン

 

 

ちょっとドローンについても書いておこうかな?

 

 

 

 

こちらの記事でも書いてるんだけど、ボラボラのドローン事情

タヒチのドローン事情 〜ドローン用オススメ離島ランキング~

 

 

持ち込みは大丈夫。

飛行禁止エリアは北の空港近辺です。

 

だから南に行っとけば間違いなし。

撮った写真はこんな感じ。

 

 

 

 

 

ボラボラ島

 

 

インターコンチネンタルホテルをまるで俺が泊まったかのように

ドローンで空撮しておいたんだけど

敷地に踏み入れてすらない。

 

 

 

 

 

ね?やっぱ綺麗でしょ?

 

 

 

ボラボラ島2日目〜ボートツアー〜

ボートツアーに参加してみた。

 

確か8000円。

 

 

何人が参加なのかは分からなかったんだけど

当日行ってみたら小型のボートで客は俺とトムの二人だけだった。

 

 

そして船のキャプテンは、宿のガキンチョ。

 

多分なんだけど宿のおばちゃんの息子だ。

 

 

おいおい、大丈夫か?

 

と思ったんだけど結局最高だった。

 

 

他の船は10人以上いるのにうちらは貸切。

 

時間も自由だしいくルートも全く一緒。

スノーケリングして

 

サメをみに行って

20〜30匹以上いる中を泳いだりした。

ボートからドローン飛ばして撮影もしたし

 

お昼ご飯もとっても美味しかった。

 

 

もちろんパレオを巻いてドローン撮影もしておいた。

 

 

結局このガキンチョ達とは完全に友達になり

このあと、宿にいる間、ご飯をくれたりして

俺はまるで賄いを食べるかのように一緒にご飯を食べた。

 

もちろんタダで。

 

 

 

最後の日なんかは

「サンセットをみに山を登るんだけど一緒に行かないかい?」

 

と誘ってもらって一緒に登ったんだけど。

 

常人では登ってはいけないような急な崖を

ダッシュで登っていく苦行だった。笑

 

なぜあんなにダッシュだったのかは分からなかったけど

ボラボラであんなに汗だくで息上がってるやつも珍しいだろう。笑

 

 

けどそこからみる夕日はとっても素敵だった。

 

そしてなぜか頂上で逆立ちをしていたからドローンで撮っておいた。

多分バカなんだと思う。笑

 

default

 

 

 

 

ボラボラでの過ごし方

 

ボラボラにいるといっても

毎日いくスーパーは一緒だし

同じビールを飲んで賄いを食べて

夜は毎日同じピザ屋に行ってピザを注文する。

いくビーチも毎日一緒だし

車は大地に帰ろうとしてるし

特別なことはないかもしれない。

 

 

ピザ屋はここ

このお店はこの近辺で唯一許せる値段のお店。

ピザはとっても美味しいし夜遅くまでやってる。

 

 

ビーチはここ

 

 

 

 

 

タヒチ名物黒真珠(ブラックパール)

 

ずっと黒真珠のネックレスを探してたから

 

せっかくだからこのボラボラで買っちゃえ

 

と思って街まで黒真珠を探しに行ってみたんだけどびっくりした。

 

普通に高すぎるのだ。

 

 

後から知ったら

 

「ボラボラ島だけでは買い物したらダメだよ」

 

と誰かがいっていた。

 

 

さすがハネムーンスポット

 

ぼったくりの嵐なのだ。笑

 

 

 

 

「値段なんてどうでもいいよ、

このボラボラでブラックパールを買ったと言うことが大事なんだ」

 

という人以外は買わないことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボラボラ は終わった説

 

大してやることはないし

ぼったくりだし

 

「ボラボラは終わった説」

 

が最近たまにあるんだけど、ハッキリいって終わってません。

 

 

ハネムーンにはやっぱ最高だと思うし

海と空はしっかり青でした。

 

思い描く「タヒチ」はやっぱりボラボラにあるような気がします。

 

 

まだまだ終わってない。

これからも続きます。

これから行く予定の人はご心配さらずに。

 

 

 

このブログの題名

『「もう終わった説」のボラボラに行ってみたらまだ始まってもなかった件』

 

については、俺もよく意味がわからないのでほっといてください。苦笑