ウユニ塩湖

「いつかウユニに行ってみたい」

このセリフを俺は今まで何回言ってきたんだろう。

 

 

 

「ウユニ?なにそれ?」

っていう人にはその場でグーグル検索して画像を見せて説明しその魅力を伝え続けてきた。

 

 

俺、一回も行ったこともないのに。笑

 

実際のとこ、物理的に行けないわけじゃなくて
時間的にもお金的にも(俺の場合マイルだけど)いつでも行けるんだけど
あまりにもその想いが強すぎて
なんとなく行って
なんとなくこの夢を終わりにしたくなくて
そしてどっかで心の準備が出来てなくて。

 

去年も本当は行くはずだったんだけど
急遽決まったピースボート乗船のせいにして延期にしてみた。

(それはそれでこんなのが撮れたから結果良しなんだけどね⬇︎)

ピースボートをドローンで空撮

 

ただ、今回の旅に出るときには”必ずウユニに行く”と決めていた。

なんでかはよく分からないんだけど

自分のプロフィールにも書いてある

 

「叶えられる夢なら今叶えてしまおう」

っていう自分の言葉に後押しされたのかな?

 

いや、違うか。

多分もっと単純にドローンで空撮したくなったんだと思う。笑

 

 

ウユニ塩湖をドローンで空撮

普段は海外を旅するときはコンパクトなバランスのいい

MAVIC PRO(プラチナム)

というドローンを持って行ってるんだけど👇

海外持ち運び用ドローン

 

 

 

今回は夢の場所だから4Kで撮りたくて

愛機、PHANTOM4 PRO

を担いでここまできた。

この愛機。画質めちゃくちゃいいんだけど、とにかく重い。汗

本体+バッテリー5個に他にもあれこれ足して

専用バックパックの重量は11キロ超え。(⬇︎の写真のやつ)

チパコプターの愛機ファントム4プロ

 

ちなみに

俺の生活用品や洋服一式入ってるバックパックは6キロ弱(下の写真のやつ)

 

ドローンは自分の生活必需品の倍の重さな訳です。

マチュピチュ までスタンドバイミーロードでいくチパコプター

 

そしてそんなphantom/ファントムを俺は

ウユニに到着する前にメキシコで墜落してしまい

その後可愛い弟、け〜たにコロンビアまで新しい機体をわざわざ持ってきてもらい

長い道のりを経てやっとウユニと対峙することになったのです。

 

そんな想いをして撮った映像は下の方に貼り付けてあるからぜひみてね♡

 

 

 

2月22日 ウユニ到着

世界一標高が高い首都ラパスを出て(厳密にいうと首都はスクレだけど)

9時間くらいバスに揺られてウユニの街に到着したのが2月22日。

 

「着いた」

と思ったら全然バスターミナルじゃなくてウユニの空港の側の道端で降ろされてた。

 

あとで知ったんだけど。

この時はデモだかテロだかストライキだかで街中までバスが入っていけなかったらしく

 

また、そもそももし1日遅れてたら、しばらく

ラパス〜ウユニ

のバスは運行中止だったらしい。

 

多分ラッキーなんだと思う。

 

 

ワラ・デル・サラール〜ウユニの日本人宿〜

宿はウユニに3つある日本人宿のうちの一つ。

Wara del Salar/ワラデルサラール。

に宿泊。

 

というのも

ゼン君&もえちゃんペアー

タクシさん

がいたのでもう深く考えなかった。

 

ネット情報では色々書いてあるんだけど結果

「うん、こんなもんか」

って感じ。

 

1泊50ボリ(ボリビアーノ)

 

そしてツインの部屋にしてもらいタクシさんと2人部屋で過ごした。

 

結果。

タクシさんとは見た目が似てるだけじゃなくなんか細かい感覚も似ていることが発覚。

ノンストレスな日々でした。

ありがとうございました。

 

 

ちなみにここ、ワラデルサラールでも

「似てますね」

と何回言われたかわからないwww

 

 

そしてこの宿、というかウユニにいたらとっても面白いことが!!

次から次へと知り合い(?)というかこの旅で出会った人たちに会う。

 

やはり南米を旅してると(特に日本人には)ウユニは外さないポイントだから

同じ時期に集中するみたい。

※この時期については後述します。

 

アンティグア(グアテマラ)で一瞬会った人なんかにも会ったり。

なんかウユニには

「旅人の目的地」

 

という感じがあってすごい素敵だったな。

 

「みんな結局ここを目指してんだろ〜」

みたいな。

 

 

 

 

 

 

さてそんな夢のウユニ初日。

 

いきなりツアーに申し込むことも考えたんだけど

 

「いいものを撮れるまではウユニにいる」

と決めてた俺はまったく焦る必要ないので

初日はとりあえず行かないことに決定。

 

だいたい1週間くらいかな?

短い人だったら2〜3日くらい?ウユニにいて

ツアーに参加したら次の目的地を目指す人が多いんだけど。

 

俺の場合はここがゴールだから移動はあまり考えずウユニに骨を埋める所存。w

 

飛行機の次のチケットもラパスからとってあるのでゆったりなスケジュール感なのです。

 

といってもやることもないので。

まずはご飯を探しに街を徘徊。

木曜日&日曜日はマーケットが開催していて

この日は木曜日だったので行ってみました!

 

そしたら道端で美味しそうな匂いにつられお昼ごはん決定。

お魚がとっても美味しかったです。

値段も確か25ボリくらいだった。

 

【この後もいろんなご飯を食べた感想】

ボリビアはご飯が美味しくない説あるんだけど。

全然嘘。

 

美味しい!

 

沈没できます。はい。

 

 

 

 

 

食事後色々話した結果、今日はツアーにも行かないんだし

せっかくだからと、みんなで列車の墓場に行くことに決定!!

☝️なんの写真かわからないけど撮られてたw

 

 

 

 列車の墓場/Cementerio de Trenes

ここ、ウユニのもう一つの見どころ。

 

列車の墓場。

 

ウユニ塩湖ツアーなんか申し込むとセットになってたりするんだけど
その場合、いろんなツアー団体が同じ時間帯に集まるのですごい人混みらしく
夕方に行くのがおすすめとのこと。

 

俺はここも楽しみにしてた場所なので

夕方がオススメ

というナイスな情報をゲットし17時くらいに宿を出発。

 

ちなみに30分くらいでたどり着く。

 

 

 

 

列車の墓場(Cementerio de Trenes)に向かうチパコプター

 

マチュピチュに続きまた、スタンドバイミーのようなシチュエーション♪

そして18時には貸切状態で夕暮れをみながら
ベストスポットで1枚。

ウユニの列車の墓場を貸切

列車の墓場でドローン空撮

 

 

 

そしてこの時の動画を作ったんだけど。

 

曲は

THE BLUE HEARTS/ブルーハーツの「夕暮れ」

 

 

この曲、俺、昔っから大好きで。

確かMステで歌ってたのをテープに撮って

小学生の時聴いてたと思う(アラフォーやばしw)

 

 

そんな曲を偶然なんだけど一緒にいる

ぜん君&タクシさん

も大好きらしく。

 

「もしかしたらブルハで1番好き」

と素晴らしい一言まで飛び出る始末。

 

どんだけ気があうんだ?w

 

そんな会話してたからか歩いてる時も誰かが口ずさんでいて

その後編集してる時も口ずさんでいて

必然的にこの曲に決定になりました。

 

歌詞が日本語だとそっちに持ってかれちゃうことが多いから

俺はなるべく使わないようにしてたんだけど。

 

今回のは相乗効果でいい感じだと思う。

 

ところで

余談なんだけど。我々3人の誕生日がやばい。

ぜん君          3月23日

チパコプター 3月24日

タクシさん    3月25日

 

こんなことあるかね?w

 

なんか感じてしまうね。うん。

 

 

そんな動画はこちら⬇︎好きな動画だからみてね〜♪

 

 

 

 

列車の墓場でドローン空撮

この動画をみて”じじい”こと内田さんが

「未成年みたい」

って言っててすっげ〜嬉しかった。

懐かしいな、未成年(野島伸司作品)

 

※ジジイについてはそのうち書いたり書かなかったりします。

 

 

 

 

夢の☆ウユニ塩湖☆ご対面

2日目。

天気もいいしツアーに参加することに決定。

 

 

ちなみに昨日は天気良すぎて行かなくて正解だったらしい。

 

 

天気が良すぎてもダメ???

昨日は天気がとってもよくて雲ひとつなく

風もなくて鏡張りだったらしい。

 

最高か!?

と思うんだけどそれがそうでもない。。。

 

 

なぜか?というと。

 

雲ひとつなかったから反射するものがなかった

だって。

 

いくら鏡張りだとしても映るものがなかったら

上下ともに空の色。

真っ青。

 

になってしまう。

 

難しいでしょ!?

 

 

 

ここで改めてウユニ塩湖の楽しみ方を書いてみます。

 

他のサイトに書いてない部分、俺が体感した部分も合わせて書いてみますね!

 

 

ウユニ塩湖で絶景がみれる条件〜デイタイム編〜

①晴れていること。

②前日(もしくは前々日)に雨が降っていること

③雲がほどよく出ていること

④貼っている水の高さが高すぎないこと

⑤風がないこと

⑥水が濁っていないこと

 

①②⑤⑥は他でも書いてることなんだけど、

結構大事なのが前述した③雲の量④水の高さ

 

④については水がせっかく貼っていても高すぎるとうまく反射できない。

反射しても水面が動いてしまって反射が滲んでしまう。

⑤についても風が多少でもあると滲んでしまう。

 

 

もちろんウユニに着いてなんとなく行ったそのツアーですべて”ドンピシャ”

一発でいいのがみれる強運の持ち主もいるだろうと思う。

 

しかし1週間以上いてもまったく見れない人もいる。

 

いや。

 

まったくというのは嘘かもしれない。

 

多分、多少風があっても水が高くても”鏡張り”が見れて

 

「やっぱすげ〜ウユニ♡」

 

で満足してたりもするんだろうけど。

 

やっぱりベストコンディションは別格。

 

とんでもないものが見える。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

前置きがとてつもなく長くなったけれど。

 

 

相変わらず天気だけには異常な”引き”を見せる

チパコプターのウユニ塩湖

をそろそろお見せしたい感じです。

 

 

14:00(だったと思う)

いよいよ、念願のウユニ塩湖へ。

ツアー会社は大人気のほだかツアー。

 

もうこれに関しては俺は詳しくは書かない。

 

誰か他のひとのブログみてください。

 

 

 

当日、天気は良好気味。

ただ風は行ってみないとよくわからない。

 

塩湖に近付くにつれ、ドライバーがあ〜だこ〜だ

「あれはヤマだ、アルパカだ」

の説明してくれるんだけど。

俺はもうそんなのどうでもいいw

 

あと数十分で夢の場所についてしまう。

 

 

そしてウユニ塩湖の入り口へ。

※興奮して写真なんて1枚もない。

 

 

イメージと違って、思ったよりも水の深さがある中、”じゃぶじゃぶ”言いながら突き進んで行く。

そして。だんだんと夢の景色が見えてくる。

 

車から見える絶景。

 

夢のウユニ塩湖到着なチパコプター

 

 

なのにドライバーは全然止まってくれない。汗

 

こだわりだか縄張りがあるんだろう。

 

「もうここでいいって」

 

って心の中で200回くらい唱えた頃、やっと止まってくれた。

 

 

目の前には夢の景色が。

 

正直、涙は流れなかったけど込み上げるものはあった。

 

多分、1人でいたら、

 

いや。

 

全然知らない欧米人かなんかと一緒に行ってたらもう少しやばかったかもしれない。

 

ベタベタに感動してしまった。

 

うん。

 

そこには空がふたつあったんだ。

 

 

 

検索した画像や誰かの写真でみたことはあったはず。

 

だけどやっぱり自分の目でみる感動といったらなかった。

すげぇ。

 

「生まれて来てよかった。」

 

と思ったかどうかはわからないけれど。

今このブログを書きながら思い出してるあの光景はやはり絶景だった。

 

 

戸惑いながらも早速ドローンの電源を入れてみる。

 

ウユニ塩湖ではドローン墜落続出!?

早速飛ばそうと思ったんだけど。

一応(自称)プロとしての行動、すべてのセンサーを確認してみる。

 

あせらない。あせらない。

 

センサーまったくの異常なし。

 

というのも。

 

 

ここウユニ塩湖には、謎の電磁波が飛んでる説がある。

 

 

 

そして噂ではなく実際にドローンが墜落しまくっている。

 

 

一体なんのことかよくわからないけれど異常がないドローンを

いつも通りのハンドリリースで離陸させることに。

 

 

うい〜ん。

 

 

普通に羽ばたいて行く。

 

そして。

 

手のひらにある空は、やはり手が震えるほどのものでした。

 

 

※今回、写真は一枚も撮ってませんので下の動画でお楽しみください。

 

 

ちなみに電磁波がどうとか墜落がどうとか色々言われてるけどぜんぜん普通に飛行できる

 

飛ばし続けたい。

撮り続けたい。

 

けど、カバンの中に入ってるのはバッテリー5本。

 

我慢我慢。

 

というのも

 

サンセットに近くなればなるほど鏡張りになるという噂。

 

 

 

ぶっちゃけ、今目の前に広がってるこの景色だけでもたまらないのに。

これ以上いい景色になったらどうなっちゃうんだよ。

 

そんな待ち時間、みんなでよくある写真撮影タイム。

素晴らしい写真だらけです。

 

👆これをみてもらうと”滲んでる”のがわかると思う。

 

ただ、結果この日はめちゃくちゃいいコンディションだった。

 

 

 

 

 

 

少し移動して☝️こんな遠近法を使ったのを撮ったり

 

こんなベタベタなやつももちろん撮ってみる。

 

 

そして動画はこちら⬇︎ドライバーが撮ってくれたんだけど。

さすがいつもやってるだけあって職人芸♪

 

 

 

こんなことしながらサンセットを待つ。

 

というのも実はこの日。

 

天気予報は全然良くなかった。

 

だからデイツアーみたいな感じにしてサンセットはみないツアーだったんだけど。

 

急遽天気が好転してめちゃくちゃコンディションがよくなったので

お金を追加で払って交渉してサンセットまでいてもらうことにした。

 

 

そしてだんだんと日が傾いてくる。

そして反射が綺麗になってきた。

ウユニ塩湖 でサンセットを待つチパコプター

日中は、反射するほう側に影もできてしまってたからうまく反射が見えない部分もあったんだけど。

夕暮れに向かうとだんだん影の感じもいい感じになって来て。

そして風も完全にやみ、奇跡のゴールデンタイムが始まる。

 

 

 

うん。地球ってすげぇ。

 

 

ウユニ塩湖。

夢にまでみたその景色は自分の中にあった高いハードルをさらに超えてくる絶景だった。

 

最高。

 

今まで色んな人がウユニ塩湖の絶景について
文字で書いたり言葉を重ねたり写真におさめたりしてきたと思うけれど。

 

相棒のドローンがそのありのままの絶景をおさめてきました。

 

どんな控えめにいっても
「Google検索」や「YouTube」なんかにある

 

ウユニ塩湖ドローン動画

 

の中ではぶっちぎってると思われる。

 

 

 

そして自分の中でもピースボート以来、超えられなかった壁を超える事が出来たと思う。

 

これが今の自分の最高傑作です!!⬇︎

 

 

ウユニ塩湖のドローン映像BYチパコプター

 

 

 

 

 

 

 

さて。これで終わればすべて完璧なんだけど。

 

いい意味でも悪い意味でもただでは終わらないいつものチパコプター。

 

というのも。

 

なんとなく動きがおかしいファントム様。

 

操作通りに動いてるんだけどなんか”鈍い”というか

正確にいうこと聞いてくれてる感じがしない。

 

それに実は少し夕暮れ前におかしいこともあって。

 

突然、障害物センサーが働いて止まったり

まっすぐ飛ばしていたら突然

 

「飛行禁止空域」

 

の表示が出て止まったりした。

 

あんな塩湖にそんな場所はないと思うしその後

DJIマップを確認したら全然飛行禁止区域じゃなかった。

 

 

おかしい。

 

けど大丈夫だろ。

 

なんて思ってたその時間。

 

まっすぐこちらに戻してたら

 

ばっこ〜ん

 

という音とともに何かが水面で飛び跳ねた。

 

きゃー

 

という悲鳴もあった。

 

 

何があったんだ?

と思った2秒後、事態がのみこめた。

 

 

うん。

 

俺のファントム様が墜落している。

 

 

正確にいうと墜落という感じじゃない。

 

低空飛行していたら水面(地面)に引っかかったという感じ。

 

急いで機体を回収しに行く俺。

その写真がこちら。

ウユニ塩湖 でドローン墜落

 

 

ウユニ塩湖でドローン墜落

 

絶景の中のこの悲しさ伝わるかな?笑

 

悲しかったです。

 

 

ウユニでドローン墜落!!?

このドローン墜落についてちょっと書いてみようと思います。

 

俺の考えでは、結果

 

塩のせい

 

だと思う。涙

 

 

行ったことある人はよ〜〜〜〜く分かってると思うんだけど

ウユニ塩湖にいると、その場に少し立ってるだけで

 

全身が塩まみれ

 

になる。

 

洋服なんて全部真っ白だし体も真っ白になる

☝️この白いの全部塩。

 

 

 

だから単純に機体の中に塩が入り込んで機体が不調をきたしたんだと思う。

 

特に俺みたいに

超低空からのぶち上げ

逆に超上空から急降下

などを多用する場合、低空で水が跳ねて機体にかかった部分もあるだろうし

そんなに低空を飛ばしていなくても風に晒すだけで

機体の中は塩まみれになってるのかもしれない。

 

謎の電磁波ではない

 

と思う。笑

 

 

ちなみにこんな感じ。

 

これは塩湖の中に一瞬浸かってしまったからこんな感じだけど。

少なからず同じように塩まみれになってると思う。

 

いつも磨いて綺麗にしてたのに。

こんなことになってしまった。

 

そして墜落は完全に俺のせい。

ごめんよ、相棒。

 

不調をきたしてる段階で飛行を中止すればよかったんだ。

 

この日しかチャンスがなかったわけじゃないのに。

 

ただ、無理だったんだ。

目の前に世界一の絶景置かれたら黙って指くわえてみてられなかったんだ。

 

しっかり修理して復活させるから許しておくれよ。

 

 

と。

 

 

いうわけで。

 

 

今回の旅のドローンはこれで終了です。

 

寂しいけどしょうがないし、これで満足でもある。

 

FBなんかにも書いたけど。

 

 

思えば、初めて自分で納得できる映像を撮れたあとのピースボートでの故障。

ずっと撮りたかった花火を撮った後のメキシコでの初墜落。

そして今回の墜落。

もうこの墜落はなんかのシグナルなんだと都合よく解釈することにしました。笑

 

当分はこのウユニ塩湖ドローン映像を超えられないと思うけど。

またいつか超えるまでこれからも
一生懸命絶景を撮り続けます。

 

そして自分で腹くくってプロになったんだから今年は何かしら結果出します。

応援してくれてる方いつもありがとう。

 

チパコプターより 夢の場所ウユニ塩湖にて。

 

 
ブログ村にも参加中(^^)/
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村