マイクロドローン

質問が多すぎたので書いてみます。

 

 

まず、これをどうぞ。

俺が他人のドローン動画を紹介することは初めてなんだけど。

 

 

これはすげぇ。

 

 

「こんなことできるんだ?」

ってまず思うと思うんだけど。

 

 

これに関してはそもそもドローンの種類が違う。

 

マイクロドローン

 

といってすごい小さいドローンなの。

 

で、俺が使ってるPhantomやマビックなんかではこれは無理。

 

 

どっちがすごいとか偉いとかじゃなくて全くの別物。

 

 

「こんなスレスレ飛ばしてうますぎる。」

って思うかもしれない。

 

いや、実際、この操縦者の腕もすごいんだけど。

 

 

この小型の場合、どっかにぶつかって接触しても

機体が軽いからそんなにおおごとにならない。

 

ぶつかった方も結構壊れなかったりするし。
(もちろん壊れることもありますよ)

ぶつけられた方もなんてことない。

 

小型で機体も軽いから(30グラムとか)両方ともに無傷ってこと。

 

 

でね。

 

 

ドローン使いの人は

 

「これやろ!」

と思うんだけど。

 

 

だからってむやみやたらにやっちゃいけないの。

 

 

何が問題か?って言うと

 

 

無線

周波数帯

が関わってくる。

 

 

詳しいことはあれなんだけどw

 

簡単にかくと

 

ある一定の電波帯域(マイクロドローンは5.8Ghz)を使用するには

 

アマチュア無線4級

 

の資格が必要で。

 

それが何故か?

と言うと

 

特殊な電波帯域を使うということは

 

他の人が使っていない

ということで。

 

他の人が使っていないということは

 

電波障害がなく画像転送がうまくいく

 

ってこと。

 

これに関しては例えば

 

ドローンレース

 

などもそう。

 

分かるかな?

 

 

逆をいうと

有資格者じゃないと使えない電波帯があることに

よってこの電波帯を守ってるわけです。

ちょっと法律家っぽい目線で書いちゃいましたが。笑

 

 

要するにこの

マイクロドローン

を使うために俺は

 

アマチュア無線4級

 

の試験を受けました。

そしてもう一つ

 

陸三(通称りくさん)

こと

 

3級陸上特殊無線技士

 

 

この二つの違いはざっくりいうと

 

趣味でやるか?

業務でやるか?

 

の違いで。

 

 

なんか業務の方が難しそうだなぁ

 

とか思うんだけど。

 

難易度はほぼ一緒。

 

実は若干、陸三のが簡単だと思う。

 

 

ということで。

 

どうにか受かりました!!

 

マイクロドローンに必要な資格

 

実際のところ

 

試験勉強としては独学で一夜漬けでほぼ満点取れます。

ちゃんと一夜は頑張ればね。笑

 

講習なんかいく必要なし!!

 

 

ということで。

 

こんなこともやってかないと食っていけなくなる

と思ったチパコプターでした。笑

 
 
 
ブログ村にも参加中(^^)/
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村