NY5日目

今日はついにドローンの日

 

(重複してる部分もあるけどNYでのドローン事情についてはこちらのブログを読んでください)

 

今までも雨は降ってなかったものの少し曇り気味だったので
快晴のこの日に標準を合わせていたのです。

 

このために昨日も早寝したので早起き。

そしてターゲットである自由の女神があるリバティ島に向かいます。

 

 

自由の女神があるリバティ島

ここに行くためには

リバティ島行きのフェリーがある

バッテリーパーク

に行かなくてはいけないので

地下鉄を乗ってSouth Ferry駅に行きます。

さて。

 

ここで早速フェリー乗り場まで歩いてみたのですが、、、

 

 

 

やはりニューヨークの代名詞の自由の女神だから
多少の列は我慢して行こうとは決めてたんだけど。。

 

そんなレベルじゃない。汗

 

もうこれは無理だ。

 

 

View this post on Instagram

 

Chiharu Horieさん(@global_drone_journeyer)がシェアした投稿

 

ということでサクッと諦めました。笑

 

 

ただ、リバティ島に行くのを諦めたのであって

もちろんドローンは飛ばすのです。

 

 

真横にある公園

ロバート F ワグナー・ジュニア・パーク

に移動してみると

思った以上に人が少なく

自由の女神もいい感じでみれる。

 

そしてリスも登場。笑

早速ここから飛ばしました。

 

真向かいに見える自由の女神なんだけど

思ったより遠い。

 

 

そして

NYのドローンのルールでは

 

「自由の女神」など歴史建造物には境界線から400フィート(約121.9m)

に許可なく近づいてはいけない。

 

参考サイト

 

 

実際飛ばしてみてどこまでがOKなのか?

が分からないのであまり気合は入れてできませんでした。

 

う〜ん。

やっぱり怖すぎる。

アメリカって容赦無く逮捕されそうじゃん?笑

 

 

偶然、ネットで探した上記記事では

自由の女神は厳しくなった

と書いてあったのでやめることにしました。

 

 

 

ただ、しかし。

 

「せっかくニューヨークまで来たのに
自由の女神をちゃんと見ないなんてあれかな?」

 

と思い、なんとなく

スタテンアイランドフェリー

に乗ることにしました。

人の流れに身を任せて行ってみたんだけど。

 

このフェリー無料

 

ちょうどお腹も減ってたし

そんな向こう側の島に行っちゃえば安いお店もあるんじゃないか?

と思って行ってみたらまさか。

 

自由の女神の真ん前(?)を通過して行きました。

 

 

だから人が多かったのね。

 

そしてスタテンアイランドに着いた瞬間

乗っていた乗客は出口からそのまま入り口に向かって行く。笑

 

 

 

要するにこれは、

 

無料で自由の女神をみれる方法

 

みたい。笑

 

ちなみに行きは右側前方、帰りは左側がいい場所でした。

 

 

俺はとりあえずは一旦フェリー乗り場の外に出てみて

お店を探してはみたんだけど

見渡す限りレストランらしきお店はなく

またフェリー乗り場に逆戻り。笑

 

 

サンドイッチ的なものを法外な値段で買い

俺も戻ることにしたのです。

 

ちなみに自由の女神は予約して行ったほうがいいらしけど

 

「別に行く必要なかった」

っていう人があまりにも多かったので俺は今回予約しないで行きました。

 

その時に偶然にも行ければいいと思ったけどやはり

 

週末、土曜日、快晴、最大の観光地

が空いているわけはなく。

 

 

というか想像を超える人だったので俺は行きませんでした。

 

 

ちなみにあとで調べて改めて分かったことなんだけど

自由の女神があるリバティ島からはドローンは禁止されているっぽかったです。

※真偽はわかりません。

 

とりあえず俺が撮れたのはこれだけ

 

自由の女神をドローン で撮影

 

View this post on Instagram

 

Chiharu Horieさん(@global_drone_journeyer)がシェアした投稿

 

 

他にも一応大回りでぐるっと旋回したものはあるけれど

とてもじゃないけど公開するほどのものではないのでやめておきます。笑

 

 

さて、次。

 

決めていたドローンの撮影場所に向かいます。

 

セントラルパーク

 

ここの真ん中

 

Sheep Meadow

は一回来た時に決めていた。

 

 

ここの芝生の上で寝っ転がって

真俯瞰(真上からカメラを真下に向けて)で撮る。

 

例でいうとこんな感じ

 

View this post on Instagram

 

Chilling ・ ・ Not a bad day ・ ・ ———————- #dronelife #parosisland #greece💙

CHIPACOPTER🌐WORLDRONEさん(@chipacopter)がシェアした投稿 –

NYでドローン動画を作る時に冒頭のシーンは

 

ブルックリンブリッジからキック

 

にしようと思ってたんだけど。

 

それは出来なかったのでこのカットを冒頭にしようと決めていた。

 

 

 

え?

芝生で寝っ転がってるだけじゃん?

え?

みたことある。

え?

セントラルパーク?

ニューヨーク?

 

 

って感じにしたいのだ。

 

 

そのためにDJIの飛行の承認も取ったわけだし

NYでドローン

 

ニューヨークでドローン機体承認区域

 

ニューヨークでドローン機体承認区域

 

ニューヨークでドローン機体承認区域

 

ニューヨークでドローン機体承認区域

「思いっきり撮ってやろう」

と決めていた。

 

 

そしてまた地下鉄を乗り継ぎセントラルパークに行ったんだけど。

 

 

!!!!!!

 

 

人の量が想像を超えている。汗

 

 

 

 

「だけど関係ない。笑

いい感じのところで撮ってしまおう!!」

 

と決めつつ

程よく陽の当たり方が絶妙になる瞬間を俺は待っていた。

 

そんな時にふと思う。

 

「あの承認って本当にしてよかったのか?」

 

もしかしたら特別に許可を撮った人だけが申請できるのであって

 

FAA(アメリカ連邦航空局)

に登録したからって勝手に承認していいのではないんじゃ?

 

 

「いや、けど承認取れたんだから間違いないだろ?」

 

なんて色々考えつつ迷う。

 

 

アメリカは本当にうるさい。

だからいつも以上に神経質になってしまう。

 

 

そこからネットであれこれ探してみると

ニューヨークでのドローンに関する法律のページ

にたどり着き。

 

 

そこからあれこれみていくとこんな

ニューヨークでのドローン飛行のアプリ

B4UFLY Mobile App

に誘導された。

 

 

飛ばす場所などを入力するとそこのルールが分かるみたい。

 

 

そして早速俺は今俺がいるここを入力してみた。

 

そしたらこんな表示が。笑

 

自由の女神をドローン

 

うん。思いっきりダメだ。笑

 

DJIのアプリだけに頼って飛行なんかさせるととんでもないことになってしまう。

 

この後も色々読んだんだけど

飛行禁止区域で飛ばしたりすると

 

刑事罰、民事罰

 

両方で処罰を受けてしまう。

 

 

あぶない、あぶない。汗

 

 

そして芝生に寝っ転がり空を見上げてみると

なんか空に線状のものがキラキラ輝いている。

セントラルパーク

(☝️わかりづらいけど。)

 

子供たち(大人も)が凧をあげてるようだ。

こりゃどっちにしてもダメだね。汗

 

 

ということで、俺はこの時点で

 

ニューヨークでのドローンは諦めました。

 

一応

 

ブルックリン橋&あんまり使えない自由の女神

 

の映像はあるけれど。

 

無理に作っても面白みのないものになるので今回は作らないと思います。

 

もしくはインスタ用かなんかで30秒〜1分くらいのは作るかもしれないけれど。

 

 

ということでごめんなさいね。

 

※FAA登録方法などは後ほど追記していきます。

 

FAA登録はこちらから

 

 

 

 

 

 

さて

 

気を取り直してまだまだニューヨークを楽しみます。

 

 

この後、土曜日だけやっているフリマ

Chelsea Flea Market

に行ってみました。

 

 

1ドルの入場料を取られました。

Chelsea Flea Marketにいるチパコプター

 

 

Chelsea Flea Marketにいるチパコプター

Chelsea Flea Marketにいるチパコプター Chelsea Flea Marketにいるチパコプター Chelsea Flea Marketにいるチパコプター Chelsea Flea Marketにいるチパコプター

 

正直、個人的にはあんまりでした。笑

 

 

なぜかこの、「秤」には惹かれてしまったんだけど。

もちろん持って帰れるわけもなく。笑

ここを後にしたのです。

 

 

さて、ここでふと思い出す。

エンパイヤステートビルで忘れ物をしてしまっていた。

 

 

展望台で鍵をつけていく人が多いのだろう。

それを防止するため、入り口の持ち物検査で取られたまま取り返しに行っていなかった。

 

 

さて、お腹が減った。

 

誰かのブログで

 

ニューヨークで一番美味しい

って絶賛していたお店があったのでそこに行ってみることにした。

 

俺は食べログやトリップアドバイザーなんかの人気店とかより

ある1人が強烈に推しているものに惹かれちゃうところがある。

 

それは食べ物に限らず、本とかも。

 

そのお店

Ruby’s Cafe

 

感想。

 

普通でした。笑

 

 

 

このあたりで時間は18時。

 

 

そろそろ夕焼けだ。

 

 

 

 

ザ・ハイ・ライン/The High Line

 

夕焼けをみながらここをテクテク歩き

素敵な夕焼けをみることができた。

 

NYの夕焼けポイントは他にもたくさんあるみたいで

それぞれいいと思うんだけど。

 

この都会の隙間から見える綺麗な夕日がニューヨークっぽくていいな

と俺は感じたな。

 

 

さて、日が暮れた時俺はふと思いつく。

 

「ニューヨークと言えばジャズバーじゃね?」

 

 

人生で一回も行ったことない。

 

そもそもジャズの定義もわからない。

 

 

ただ、友人曰く

「日本で100ドル以上払わないと聴けないような人が5ドルとか聴けるよ」

 

 

これは行ってみるしかない。

 

ただ、ほとんどの有名店は事前に予約をしないと入ることができない。

 

例えばBLUE NOTEとか

 

そんな中

唯一(?)有名店の中で予約なしで入れる(というか予約ができない)ジャズバーがあるという。

 

スモールズ ジャス クラブ/Smalls Jazz Club

名前の通り、小さいんだけどなんだか初心者の俺にとってはぴったりな気がする。

スモールズジャズクラブにいくチパコプター

 

19時半からというので時間ぴったりに行ったんだけれど

もうこの時間の回は始まってしまって入れないという。

 

スモールズジャズクラブにいくチパコプター

なので次の回、21:00〜

のチケットを買い、近くのバーで時間を潰しながら待つことにした。

 

ちょっと歩いたら偶然有名店を発見したんだけれど

両方やはりすごい人だかりだった。

 

 

 

 

 

 

 

「20:30にここに戻っておいで」

とSMALLSの入り口のおじちゃんに言われてたので戻ってみると長蛇の列。

スモールズ ジャス クラブにいくチパコプター スモールズ ジャス クラブにいくチパコプター

 

すごい!!テンション上がってきた。

 

そしてチケットを事前に買った人から順番に入場していく。

 

俺は結局ギリギリ椅子に座れるくらいの順番だった。

 

 

そして演奏が始まる。

 

 

きっちり1時間。

 

結果

本当に素晴らしかった。

 

音楽のことなんかこれっぽっちも分からない俺だけど

なんか意味が分からず興奮してしまった。

 

 

後から考えてもニューヨークでの

一番の「ニューヨークっぽさ」はここにあった気がする。

 

やっぱりなんでも経験してみるものだね。

 

興奮しつつ「ある人」にLINEを送ってみると

おそらく俺には分からない部分で

 

「すげ〜」

 

と言っていて今度、一緒にNYに来ることを約束した。

 

一緒に来たらまた違う部分が見れるんだろうな。

楽しみだ♡

 

 

この後、興奮状態の俺は

 

「土曜日だしクラブで踊り狂ってしまおう」w

 

と思いちょっとふらついてみたんだけど。

 

なんかこのいい感動を変に汚したくなくて

やっぱりホテルに帰ることにした。

 

いい日だったな。うん。

 

ジャズバーおすすめです♡

 

 

 
 
 
ブログ村にも参加中(^^)/
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村